hisano keitaro Architectural Design Office himalaya
06
設計・監理料について
原則としては事前に依頼主様との打ち合わせのうえ決定します。詳細については直接お問い合わせください。
官庁で定められた設計・監理料の算定基準もありますが、これをそのまま採用しますと、かなり高額となってしまうため、通例、住宅の場合は工事金額の15~10%程度です。工事費が高くなればその割合は低くなり、工事費が安くなればその割合は高くなります。また、建物の種類によってもかわってきます。
一見して割高にお感じの方もおおいと思いますが、たとえば、ハウスメーカーや建て売りの場合でも、人が設計という作業をおこなう以上は、設計料は目に見えない形で発生しています。それはすなわち工事費の中に含まれているだけなのです。そのコストをディスカウントすることは、すなわち設計図書の品質低下や監理体制の不備につながることになり、とても危険なことでもあるのです。
費用の発生する時期は、設計・監理の契約に至った時点、もしくは契約を交わすことが確実となり、その依頼を受けた時点(発注時)からになります。ただし、これより前に依頼主様の意向による作業等を行う上で、請求せざるを得ない費用が発生する場合は、事前に相談させていただきます。
設計料のお支払いの時期についても依頼主様との打ち合わせのうえになりますが、一般的には、発注時に着手金(10%程度)、基本設計終了時に1/3、実施設計終了時に1/3、工事終了時に残高の精算とさせていただいております。
また、万一、災害やその他工事中止等の事態が発生した場合は、その状況をふまえて相談の上、設計料等の精算を行います。