hisano keitaro Architectural Design Office himalaya
03
構造設計について
建物の構造については、計画する建物の規模や形状にかかわらず、構造設計の専門家にその建物の構造設計について相談しております。
これは、自分で構造設計をすることもできるのですが、より確実を期するためと、無駄のない構造を目指すという意味から構造の専門家にお願いしたほうがよいと判断した場合です。
なお、構造の専門家の選定については、住宅のみならず大きな建築までを手がけられたこともある、かつ人間的にも信頼のおける構造の専門家にお願いしております。
構造の設計者は建築の設計者とともに、設計の初期段階から緊密な連絡を取り合いながら共同で設計作業にあたります。敷地の地盤の調査からはじまり、最終的には構造計算書を作成します。そして、設計の終了後はひきつづき現場監理にも携わってもらいます。現場の各段階で工事内容を構造的観点から検査を行い、工事終了まで設計者とともに工事監理業務にあたります。
これらの作業を構造家に依頼するかどうかは建築家に一任いただきます。その場合は、設計料が上積みされて請求されることは原則としてありません。ただし、依頼主様のご要望による場合など、必要に応じ作業料としてお支払いいただく場合がございます。